022

エントリー作品

アクセサリー部門Epiphyllum

30×30×40cm

通常、アクセサリーは身につけることが前提で、扱いやすさや安全性、耐久性が求められます。それらの条件を考慮せず、自由にポリマークレイで立体的な花のアクセサリーを作ったらどうなるのか?と挑戦した作品です。あえて色調を抑え、孔雀サボテン(Epiphyllum)の艶やかさと力強さを表現しました。

Usually, one of the main requirements of jewelry design is ease of handling, safety, and durability when wearing the piece. What happens if you freely make three-dimensional flower accessory with polymer clay without considering these conditions? I decided to challenge myself. I dared to suppress the color tone and instead expressed the luster and strength of the peacock Epiphyllum cactus.